ドライフラワーとプリザーブドフラワーの違い

よくドライフラワーとプリザーブドフラワーは何が違うの?と聞かれます。

どちらも生花を加工したものという点では同じ。

違いは、ドライフラワーは生花から水分を抜いたもの(吊るしたり、シリカゲルに埋めたり)、

プリザーブドフラワーは薬品で特殊加工し、色を付けたものです。

具体的には見た目など、このような違いがあります!

①見た目

ドライフラワー : 色は黄色味を帯びて、シワが入ります。シワが入る事により形がいびつになって、芸術的な造形が出来上がります。(これが私の1番の好きポイント!)簡単に言うと、色、形ともにアンティークな雰囲気。

プリザーブドフラワー : 色鮮やかで色の種類豊富。花びらや葉っぱもほとんどシワなく整った生花という見た目。一眼で綺麗!と思うのはプリザーブドフラワーでしょうね。

②手触り

ドライフラワー : パリパリしていて壊れやすいです。(花材により比較的柔らかさが残ります。)

プリザーブドフラワー : 柔らかく、しなやか。 ドライフラワーより強いですが、あまり触らない方がいいのは同じです。

③鑑賞期間

ドライフラワー : 花材にもよりますが、約半年。色が褪せたり、パリパリ散ったりするのが気にならなければもっと飾れます。

私も2年以上飾っているスワッグがあります😄

プリザーブドフラワー : 鑑賞期間は2〜3年と言われています。ドライフラワーよりずっと長持ちです。

また、プリザーブドフラワーはドライフラワーより高価なものになります。

生花⇨ドライフラワー⇨アートフラワー⇨プリザーブドフラワーの順に価格は上がります。

ドライフラワーもプリザーブドフラワーも、どちらも自然のもの。

個体差もあるし、壊れやすいので優しく取り扱いお願いします!

直射日光や湿気に弱いので、置き場所に気をつけて、少しでも長くお楽しみ下さい💕

ドライフラワーとプリザーブドフラワーの比較写真を載せてみました。これでもっと良く違いが分かると思います!

左:ユーカリのドライフラワー 右:プリザーブドのユーカリ
プリザーブドのユーカリは明るいグリーンのもの、ボルドー系などいろんな色があります。
左:1カ月以内のドライのユーカリ
右:約1年後のドライのユーカリ
1年でだいぶ色が褪せてきますが、それも素敵です。
左:白バラのドライ 右:白バラのプリザーブドフラワー
全く別物ですね!
それぞれに可愛いさがあります💕

   

パリスタイルのフラワーギフトの専門店「アトリエ ブリクシー」【福岡】

ライン登録はこちらから!お得な情報お知らせします!お問い合わせもお気軽に。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です